「中山かぼちゃ」出荷開始 ほくほく食感、那須烏山の特産

 【那須烏山】市特産の「中山かぼちゃ」の今年の出荷が26日始まり、27日から流通大手イオンの県内外18店舗を中心に販売される。

 中山かぼちゃはβカロテンが豊富で、ほくほくとした食感と皮が薄くて食べやすいことなどが特徴。現在はJAなす南中山かぼちゃ生産部会の11個人・団体が2ヘクタールで栽培しており、昨年の生産量は約21トンだった。

 市内の特産物のブランド化を図る「市農林水産特産物認証制度」の第1号にも認定され、同部会は今年から認証マーク入りのシールを貼って出荷している。