「お前はまだグンマを知らない」 監督やキャストが舞台挨拶 小山シネマハーヴェスト

 【小山】人気コミック原作の映画「お前はまだグンマを知らない」の公開を記念して23日、水野格(みずのいたる)監督や出演者らが喜沢の小山シネマハーヴェストで舞台あいさつを行い、撮影時の様子などを披露して会場を沸かせた。

 映画は漫画家井田(いだ)ヒロトさんが群馬県高崎市に移り住んだ際の実体験を踏まえた同名コミックスが原作。群馬県に引っ越してきた俳優の間宮祥太朗(まみやしょうたろう)さん演じる神月紀(かみつきのり)が独自の文化や郷土愛に満ちたクラスメートたちに翻弄(ほんろう)され、ライバル「トチギ」「イバラキ」との争いに巻き込まれていく姿を描いている。

 この日の舞台あいさつには水野監督のほか、同作に出演した俳優の吉村界人(よしむらかいと)さん、入江甚儀(いりえじんぎ)さんらが登壇。水野監督はバラエティー番組で全国のご当地ネタを取材した際、北関東3県が都道府県別魅力度ランキングでワースト3位を独占している点に注目。「原作の舞台が群馬県で栃木、茨城の3県が絡んだ話がおもしろいと思った」と映画制作のきっかけを語った。