コツメカワウソの赤ちゃんお目見え 那須どうぶつ王国で7月22日から一般公開 那須

コツメカワウソの赤ちゃんお目見え 那須どうぶつ王国で7月22日から一般公開 那須

 【那須】大島の那須どうぶつ王国で6月下旬、コツメカワウソのオスの赤ちゃんが初めて誕生し、今月22日から同園内「ペンギンビレッジ」で一般公開する。

 赤ちゃんは体長約10センチ、体重約70グラムで生まれたが、母親が出産後に体力低下で死んだことなどから人工飼育を実施。現在は体長約20センチ、体重約365グラムとすくすくと成長した。つぶらな瞳と「キューキュー」と元気よく鳴きながら一生懸命ミルクを飲む姿が愛らしい。

 同園によると、コツメカワウソは東南アジアの熱帯地域の水辺に生息し、カワウソの中で最も小さい種。約半年で成体と同じ体長50~60センチ、体重約3・5キロに育つという。

 終日公開。時間は未定だが、飼育員がミルクを与える姿を1日1回公開する。(問)同園0287・77・1110。