世界遺産で「夜の結婚式」に観光庁長官賞 日光二社一寺イベントに合わせ婚礼企画会社実施

 【日光】世界遺産二社一寺で昨秋開かれたライトアップイベント「ライトアップ日光」に合わせ、夜の世界遺産を舞台に初めて行われた「ナイトウエディング」が、地域の魅力を生かした結婚式を表彰する「第6回ふるさとウエディングコンクール」(全日本ブライダル協会など主催)で観光庁長官賞を受賞した。最高賞の総務大臣賞に次ぐ栄誉で、受賞した婚礼企画会社は「観光地・日光として欲しかった賞」としている。

 ナイトウエディングを企画したのは、10年ほど前から二社一寺での結婚式を手掛ける東京都の婚礼企画会社「クローバーズウエディングサロン」。二社一寺での結婚式は人気で、昨年は計約300件と10年前より3倍に増えている。

 同社は昨年11月、ライトアップ日光の会場となった日光二荒山神社でナイトウエディングを実施。同神社や地元関係者が協力し、幻想的な明かりに包まれた境内を舞台に市内外のカップル3組が挙式した。

 コンクールには全国各地の特色ある結婚式20件がエントリー。同社の企画は2回の審査を経て五つの賞のうち観光庁長官賞に選ばれた。地元と共に神前式をPRし、地域活性化に貢献した点などが評価された。