B1栃木ブレックスは18日、前日本代表監督の長谷川健志(はせがわけんじ)氏(57)の新監督就任を発表した。昨季までチームを率いたトーマス・ウィスマン氏は契約満了で退任していた。

 長谷川氏は青学大監督時代に比江島慎(ひえじままこと)(三河)ら現在の日本代表の主力を指導した。2014年4月に代表監督に就任し、仁川(インチョン)アジア大会では20年ぶりのメダル獲得となる3位に入った。15年アジア選手権では9大会ぶりに4強入りし、昨年のリオデジャネイロ五輪最終予選に進んだ。

 16年11月に退任したが、緻密な戦術や若手育成に定評があり、低迷が続いた男子代表強化の礎を築いた。