温暖化防止へ4000の祈り キャンドルが駅前彩る 佐野

 【佐野】地球温暖化防止のライトダウンキャンペーンの一環として企画された「さのクールアースデー2017」キャンドルナイトが15日夜、佐野駅前周辺で行われ、約4千本のキャンドルが駅前を彩った。

 市環境ネットワーク会議と佐野駅前交流プラザぱるぽーとなどで組織する実行委員会の主催。「考えよう、地球のこと、さののこと」がテーマで、市民に地球温暖化防止を協力してもらい、理解を深めていくことが狙い。毎年この時期に行われている。

 キャンドルナイトには、市内小学生などから募ったエコのアイデアや、大事な人へのメッセージなどが書かれた約4千個の紙コップが用意された。佐野清澄高と佐野日大短大のボランティアが「水を大切に」「リサイクル 心がけよう」などそれぞれの思いを込めたコップの中のろうそくに火を付けていった。