税滞納者の差し押さえ物件、オークション前に下見会 宇都宮市役所【動画】

税滞納者の差し押さえ物件、オークション前に下見会 宇都宮市役所【動画】

 【宇都宮】悪質な税の滞納者を対象に、差し押さえた物件をインターネットの官公庁オークションサイトで公売する市は18日、現物を見て入札してもらおうと市役所2階の一角で公売物件(動産)の下見会を開いた。指輪やウルトラセブン人形など14点を展示している。19日まで。

 税負担の公平性確保と市税の収納率向上を図るため市は、悪質滞納者の預貯金や給与、不動産等の差し押さえを実施。滞納市税に充てるためインターネットサイトなどで公売している。

 下見会はこれまでも行ってきたが、入札参加者の増加と納税意識のさらなる高揚を目的に今回、市民に分かりやすい2階中央階段東側にスペースを確保した。

 展示しているのはダイヤモンドの指輪や真珠のネックレスのほか、ウルトラセブン人形、手塚治虫(てづかおさむ)のコミック一式。それぞれ見積価格と物件の状態などを表示している。市内の50代パート女性は「納税は義務。きちんと納めている市民のためにも、こうした取り組みは必要」と興味深そうに見ていた。

 午前10時~午後3時。ネット公売サイトは市ホームページ(暮らし→税金→公売情報)からアクセスできる。(問)市納税課028・632・2188。