「脂取り紙」第1弾はイチゴのデザイン 真岡市と障害者支援施設が連携

 【真岡】市は、各種商品の梱包(こんぽう)業務などを行う下籠谷(しもこもりや)の障害者支援施設「わらくや」と連携し、パッケージに真岡のイチゴをデザインした脂取り紙を製作した。今後、市幹部がイベントや会議に出席する際に名刺と共に渡すなどし、市のPRにつなげる方針。

 障害者の工賃アップを目的とした優先調達の一環で、イチゴデザインの第1弾を同施設へ500個発注するほか、今後夏祭りやSL、真岡木綿バージョンも製作し、本年度計1500個の発注を予定する。