B1栃木ブレックスは14日、昨季レギュラーシーズンリバウンド王のフォワード/センター、ライアン・ロシター(27)の契約継続と、元B2広島のガード鵤誠司(いかるがせいじ)(23)の新入団を発表した。

 ロシターは「ブレックスに再び戻って来ることができ、次のシーズンに向けてハードワークできることにとてもエキサイトしている。素晴らしいファンの皆さんとともにゲームを楽しむことができるのを待ち切れない」などとコメントした。

 福岡県出身の鵤は185センチ、95キロのポイントガード。名門・福岡一高時代はウインターカップ準優勝を経験。青学大1年時はインカレ準優勝に貢献した。3年時に同大を中退してNBL広島に入団。Bリーグ初年度の昨季は引き続き広島でプレーし、1試合平均アシスト3・17本はB2で6位の成績だった。

 鵤はクラブを通じ「チャンピオンチームであり、日本一のファンがいるブレックスでプレーができることを幸せに思う」との談話を寄せた。