障害者外出に「ヘルプカード」 大田原市作製、手助け求めやすく

 【大田原】障害のある人などが外出した際に配慮や手助けを求めやすくなるようにと、市は「ヘルプカード」を作製した。緊急連絡先や健康状態などをカードに記しておき、いざという時に示すことで情報伝達がスムーズに行える。8月1日から市役所や各公民館などで配布する。2千枚作製した。

 カードは折り畳み式で「私のこと」「お願いしたいこと」「医療に関すること」などを記すことができる。配布は身体、知的、精神障害者や難病患者のほか、病気やけがで支援が必要な人も対象とする。