3日午後10時15分ごろ、益子町七井の県道で、真岡署のパトカーが追跡していた軽乗用車が、道路左側の民家のブロック塀に衝突し停車した。信号を無視したとして同署は道交法違反の疑いで、軽乗用車を運転していたさくら市、土木作業員少年(18)を現行犯逮捕。その後、芳賀町内の自動販売機から現金を盗もうとしたとして窃盗未遂の疑いで少年と、助手席にいた高根沢町、アルバイト少年(18)を逮捕した。

 同署によるとパトカーは自動販売機が荒らされているとの通報を受け現場に駆け付け、逃げた軽乗用車を追っていたという。