「黒田原駅前ナスタルジック映画祭~黒田原であいましょう~」のPRチラシ

 【那須】映画や出店を通して駅前を盛り上げようと「黒田原駅前ナスタルジック映画祭~黒田原であいましょう~」が6、7の両日に同駅周辺で開かれる。地元住民らでつくる実行委が実施し、5回目。今回は懐かしい趣がある黒田原駅前を活かし、那須で郷愁(ノスタルジック)にふける「ナスタルジック」を味わってもらおうと「昭和らしさ」をテーマにした。

 映画は、設定や描写に昭和の雰囲気がある映画「サマータイムマシン・ブルース」、「いつでも夢を」の2本を上映。来場者に昭和風の衣装を貸し出して(有料)美容師がメークを施す体験ブースも作り、「インスタ映え」する風景のSNS発信も期待する。

 ステージでは、地元住民らによるコント「8時だヨ!全員集合」など、昭和のテレビ番組を模倣した7つの出し物を披露。黒田原小の児童らが作った町PR動画も上映し、老若男女が楽しめるようにする。

 同実行委の中村舞子(なかむらまいこ)さん(27)は「地元住民らと楽しみながら企画した。気軽に遊びに来て、駅前周辺の魅力を感じてほしい」と参加を呼び掛けている。

 6日午後5~9時、7日午前10時~午後9時。映画の上映は、両日とも午後6時から。