お目見えした「辰」の大絵馬

 来年のえと「辰(たつ)」の大絵馬が11日、栃木県上三川町しらさぎ1丁目の白鷺(しらさぎ)神社にお目見えした。

 大絵馬の奉納は天皇、皇后両陛下の長女愛子(あいこ)さまの誕生を祝い始まり、今年で23回目を迎えた。

 1口3千円で町内外の商店などに協賛を募り制作。縦4メートル、横8メートルで益子町在住の日本画家筆谷等(ふでやひとし)さん(74)が原画を描いた。

 同神社の上野敬則(うえのたかのり)禰宜(ねぎ)(39)は「今年は物価高の影響などで人々の生活が苦しかったと思う。来年は空を飛ぶ辰のように日本経済や人々の運気が上昇するよう願っています」と話した。