「ハイビーム」活用を 今市署などが広報うちわ製作

 【日光】今市署や今市地方交通安全協会、今市地区安全運転管理者協議会、県トラック協会日光支部はこのほど、夜間歩行中の交通死亡事故防止を呼び掛ける広報活動「ハイビーム大作戦」のうちわ1千枚を製作した。

 県内の過去5年間の交通事故死者471人のうち、夜間歩行中は118人。ハイビーム使用の運転者は2人だけで、ドライバーの意識向上が課題となっている。