バス再編150本増、LRT結び利便性向上 JR駅東側で宇都宮市案

 JR宇都宮駅東側(宇都宮市宮みらい−芳賀町下高根沢の14・6キロ区間)で次世代型路面電車(LRT)事業の計画を進める宇都宮市は10日までに、LRTの開業に合わせた駅東側のバス路線の再編案をまとめた。路線の新設や経路変更を行い、1日当たりの運行数を現状より150本程度増やす方針。LRTの乗り継ぎ拠点とルート外にある工業団地や大学などをバスで結び、効率的な公共交通ネットワークを構築する。11日に開かれる市議会議員説明会で概要を説明する。

 LRT整備区間の駅東側地区で路線バスを運行するのは3事業者。駅東側の全路線、上下合わせた1日当たりの運行数は現在、720本程度ある。うち国道123号の運行数が10分に1本以上と最も多く、同市陽東6丁目の大型商業施設「ベルモール」周辺などの乗降客数が多いという。

 市はLRTを駅東側の基幹交通に位置付けており、整備と併せてバス路線を再編。公共交通の空白地域や不便な地域の解消を図り、利用者の利便性向上などにつなげる考えだ。

 再編の具体化に当たっては、LRTのルートと重なる現行バス路線や企業が運行するシャトルバスを他の路線に振り向けることで増便する。各事業者で重複しているバス路線は一本化し、効率化も図る。