2022年12月14日に益子で観察された「ふたご座流星群」

 2023年のふたご座流星群の出現期間が、4日から始まった。17日まで続く出現期間のうち、多くの流星が観察できるピークは13〜15日と予想されている。国立天文台によると、月明かりの影響を受けにくいなど、観察するには8年ぶりの好条件がそろう。栃木県子ども総合科学館天文課の原秀夫さんに、基礎知識や観察の仕方を解説してもらった。

 原さんによると、流星群は、放射点と呼ばれる1点から放射状に流星が飛び出して見える。ふたご座流星群は文字通り、ふたご座にある1点が放射点。毎年、ほぼ安定して多くの流星が見られるため、しぶんぎ座流星群とペルセウス座流星群に並び、三大流星群に数えられている。

 今年、最も活動が活発になる「極大」は、15日午前4時ごろ。その前後に当たる13〜15日は目立って多く見えるようになる。午後9時ごろから見える流星の数が増え、翌日の午前5時過ぎまで観察できる。特に14日夜から15日明け方は最も多く見られる可能性が高い。今年は13日が新月のため、月明かりの影響をほとんど受けない。