高齢者福祉など、知事と住民が意見交換 那須

 福田富一(ふくだとみかず)知事が市町に出向いて県民と対話する「知事と語ろう!とちぎ元気フォーラムin那須」が8日、那須町寺子乙のゆめプラザ・那須で開かれ、約100人の町民が産業振興や高齢者福祉などのテーマを中心に意見を交わした。

 福田知事の県政報告、芦野地区でまちづくりに取り組む「芦野里づくりプロジェクトチーム アシノビト」の大平夏澄(おおひらかすみ)代表の活動報告に続き、事前アンケートで関心の高かった「産業の振興・雇用」「少子化・子育て・男女共同参画」「高齢者対策・医療・福祉」の分野で意見交換した。