水陸両用バギーも登場、鬼怒川で水防訓練 宇都宮市

 【宇都宮】九州豪雨で被害の拡大が懸念される中、市は8日、鬼怒川河川敷の道場宿緑地で市水防訓練を実施した。市消防局が本年度配備した水陸両用バギーを公の訓練で初めて運用。消防団員ら約700人が本番さながらの救助活動などを展開した。

 出水期に当たり、消防署員や消防団員の作業能力や技術の向上を図り、水防体制の整備などに努めることが狙い。

 訓練に際し、水防本部長を務める佐藤栄一(さとうえいいち)市長があいさつ。九州豪雨に触れ「自然災害はいつどこで猛威を振るうか分からない。今回は市の防災力の一翼を担う重要な訓練です」と気を引き締めた。

 訓練は台風による大雨で鬼怒川が氾濫注意水位を超えたと想定した。県消防防災ヘリが出動し、上空から河川を偵察。地上では堤防の決壊を防ごうと、消防団員らが木を使って川の流れの勢いを弱める「木流し」や堤防の亀裂を防ぐ「五徳(ごとく)縫い」などの応急対策に取り組んだ。

 さらに、巡視班の署員が柳田大橋下流左岸で浸水した車両に取り残された要救助者2人を発見。被災地での人命救助に特化した津波・大規模風水害対策車に積載する「水陸両用バギー」が出動し、速やかな救助を行った。