一切れ口に含むと、軟らかくジューシーな肉の脂が口いっぱいに広がった。小山市のブランド牛「おやま和牛」を使った「特選ヒレステーキ」。肉のうま味が存分に引き出された逸品だ。「特選ヒレステーキセット」(100グラム、税込み4200円)はサラダやライス、コーヒーが付きボリュームもある。「おやま和牛」を中心に、とちぎ和牛のA5~極みランクだけを使っている。

 1968年創業の老舗洋食レストラン。店長の篠原一嘉(しのはらかずよし)さん(50)の叔父が開業し、地元に長年愛されてきた。

 篠原さんは高校卒業後、京都の日本料理店で和食を修業。その後、父が営むすし屋などで働いていたが、「良い品質のものを気軽に食べてもらいたい」という叔父の思いを受け継ぎ、約6年前から店長を務める。

 とちぎ和牛を具材に使ったカレー(税込み1千円)も人気。欧風の味付けで甘辛く、肉の味を際立たせるため、ジャガイモやニンジンなど他の具材は使わないこだわりを見せる。

 「ステーキは何人かでシェアしてくれても構わないので、気軽に足を運んでもらいたい」と話している。

 ◆メモ 小山市中央町3の6の9しまだやビル2F。午前11時半~午後9時ラストオーダー。日曜定休。(問)0285・24・0999。