栃木県内暑い 真岡で今年最高32・7度

 県内は7日、気温が上昇し、佐野で33・2度、宇都宮で32・0度を記録するなど、14観測地点のうち8カ所で30度以上の真夏日となった。真岡は32・7度まで上がり、今年の最高気温を更新した。

 宇都宮地方気象台によると、真夏日を記録した各地の最高気温は、小山32・6度、鹿沼31・9度、大田原31・5度、那須烏山31・2度、塩谷30・4度。

 強い日差しの中、益子町山本の畑でネギの苗を定植した同所、農業藤田芳(ふじたかんばし)さん(56)は「暑い」と顔に汗を浮かべながらも「きょうは晴れて風もあるのでいいですね」と話していた。

 県内は8日も気温が上昇し、最高気温は宇都宮で33度、大田原で31度となる見込み。昼すぎから雨か雷雨も予想される。