女子高生の遺体が見つかった乗用車(中央)=10月19日午前7時5分、上三川町坂上

 栃木県上三川町の町道で10月19日未明、レンタカーの乗用車内から女子高校生の遺体が見つかった事件で、県警が殺人の疑いで埼玉県熊谷市、無職の男(28)の逮捕状を取ったことが28日、捜査関係者への取材で分かった。は黙秘しているが、現場の状況などから高校生を殺害した疑いが強まったとして、県警は29日にも再逮捕する方針。

 捜査関係者によると、は10月17日夜以降、レンタカーの乗用車内で千葉県の高校1年女子生徒(15)の首を絞めて殺害した疑いが持たれている。2人は交流サイト(SNS)を通じて知り合った。

 女子生徒は17日の下校後、電車で東京都内に向かった。新宿駅周辺でと会ったとみられる。

 県警は車内で見つかった5台の携帯電話や防犯カメラの映像などを解析。遺体発見時まで以外が女子生徒と接触していないと判断した。

 女子生徒の死因は首を絞められたことによる窒息死。全身に複数のあざがあり、首の擦りむいたような傷は抵抗した際に付いた可能性がある。

 事件は10月19日未明に発覚。上三川町坂上の町道で下野署員が不審なレンタカーを発見し、車内から制服のような着衣の女子生徒の遺体が見つかった。

 県警は同日、車を運転していたを死体遺棄容疑で現行犯逮捕。車内で女子生徒を乱暴したとして11月9日、不同意性交の疑いで再逮捕していた。は県警の調べに対し、事件の詳細について黙秘している。

残り:約 41文字