おいしいスイーツはいろいろあるが、お菓子の本などを見てタルトに憧れた人も多いだろう。新鮮な果物とクリームの層は、「どんなおいしさだろう」と甘い物好きをワクワクさせる。

 ARIAD(アリアド)は、東京のフランス菓子店で働いていた藤沢衣里(ふじさわえり)さん(39)が3年前に開いた市内でも珍しいタルト専門店。旬の果物を使ったタルトを中心に常時15種類前後が並ぶ。

 「タルトのおいしさは素材と台の一体感です」と話す藤沢さんは、「粉を混ぜる」「延ばす」といった工程ごとに生地を休ませ、4日かけて固めの台を作る。しっかり焼いた台は果物の果汁やクリームの浸透を受け止め、それぞれの食感と味が引き立つ絶妙な構成だ。

 秋は「イチジクとマスカルポーネクリームのタルト」(税別500円)、「ホックリかぼちゃとほんのりまっちゃのタルト」(450円)などがお薦め。気取らずパクッと食べると、幸せが口いっぱいに広がる。

 ◇メモ 宇都宮市泉が丘2の2の9、優泰佳ガーデンコートA2棟101▽営業時間 午前10時~午後7時▽水曜、第2・4火曜定休▽(問)028・678・2004。