トマトソースと2種のチーズ、バジルが添えられる。生地はイタリア産の強力粉や天日塩で作るこだわりの逸品だ。

 雨巻(あままき)山の麓にあり、登山客はもちろん、週末は若い女性や高齢の夫婦など年齢を問わずにぎわう。

 店主の高松泰(たかまつやすし)さん(58)は10年前に東京都から移住。若い頃にイタリア料理を学んだ経験を生かし、2010年から営業を始めた。「長靴や登山靴で来てもらえる気軽さ」がテーマだ。

 名物マルゲリータピッツァは、石窯を使い400度の高温で一気に焼き上げる。水分を残し、もちもちした食感を生み出す。一口食べるとチーズがとろけ、トマトソースのうまみが口いっぱいに広がる。バジルの香りが何ともいえないアクセントになっている。

 大きさは直径約25センチで税込み1100円。「ピッツァは1人1枚食べるのが当たり前」とされる本場イタリアにならい、手軽に食べられる大きさに仕上げた。

 メニューには地元で採れた季節の野菜をふんだんに使ったピッツァが10種類以上並ぶ。本場イタリアに勝るとも劣らない味を、大自然の中で味わう。この上ないぜいたくだ。

 ◆メモ 益子町上大羽1234▽営業時間 昼は午前11時半~午後3時(土日祝は4時)、夜は土曜午後5時半~9時▽月・火曜定休▽(問)0285・77・5354。