「来ていただいたお客さんに喜んでもらいたい」。店の周りを走る無料のミニ鉄道に、バリアフリーの店内。代表の水野雅章(みずのまさあき)さん(68)は、料理だけではなく店づくりにも趣向を凝らす。

 大手食品メーカーに勤務していた水野さんは、会社を辞め家族4人で東京から移住し、2006年にオープンした。原則予約制で、ランチにはタイで家族と暮らした経験を生かした「三色タイカレーセット(税込み1200円)」やオムライス(同)が並ぶ。

 パレットケーキ(1千円)は3種類のオリジナルデザートが皿を彩る。看板メニューの特製チーズケーキは、遠方から訪れるファンもいる。瓶に入ったプリンは卵を黄身のみ使い、生乳や生クリームなどと織り成す味はコクが深い。コーヒーゼリーは、さっぱりとした味が病みつきになる。

 午後のひとときにコーヒーや紅茶と3種類を楽しむ客もいるが、昼食後に数人で分けて食べるのもお勧めだ。

 店が位置するのは標高750メートルで、尚仁沢湧水群よりも高い高原山の中腹。「無料で出す水も逸品」と柔和な笑みで店を切り盛りしている。

 ◆メモ 塩谷町上寺島1529の5。原則予約制で、午前11時~午後5時(注文は4時まで)。月、火、水曜定休。(問)0287・41・1058。