旧黒磯地区の住宅街を奥へ進んだ一角に、緑鮮やかな木々に囲まれひっそりとたたずむカフェが現れる。店内には文庫や雑誌、文芸書など500冊以上の本が並び、読書などをしながらゆったりと過ごせる「黒磯市民の隠れ家」として常連客らに親しまれている。オーナーの田川幸子(たがわさちこ)さん(59)は「1人で本を読みに来るお客さんが多いんですよ」。ブナやモミジなどに囲まれた穏やかな空間も自慢だ。

 お薦めの「イタリアンロースト」(税込み500円)は深い苦みと喉越しの良さが特徴。東京都世田谷区に本店があるコーヒーの名店「堀口珈琲(こーひー)」から仕入れた豆を使用している。日替わりの「本日のケーキ」(350円)はスイートポテトやチーズケーキなど約20種。隠し味にラム酒を入れたスイートポテトは、柔らかい甘みと崩れにくく食べ応えある食感が魅力だ。

 開店当時は、目立ちにくい立地に店を構えることに周囲から心配の声もあったという。田川さんは「喫茶店を開くのが夢で、どうしても開きたかった」と当時を振り返り、「目立ちにくい立地を隠れ家として親しんでもらえているのは本当にありがたいことです」と笑顔を浮かべた。

 ◆メモ 那須塩原市上厚崎377の36。正午~午後8時(ラストオーダー7時)。水曜定休。(問)0287・64・1703。