生きもののぬくもり実感 大田原・福原小で「いのちの授業」

生きもののぬくもり実感 大田原・福原小で「いのちの授業」

 【大田原】県内の動物園・水族館3施設の共同企画「いのちの授業」が6月30日、福原小体育館で行われた。全校児童33人が生き物と触れあい、人間とのつながりなどについて学んだ。

 子どもたちはスタッフの手ほどきを受けながら、宇都宮動物園のモルモットやウサギ、那須どうぶつ王国のアルパカ、県なかがわ水遊園のアメリカザリガニに触るなどした。最初は恐る恐るだった1、2年生はモルモットを抱くと「ふわふわ」「あったかい」と満面の笑みを見せていた。