地域政党「都民ファーストの会」が圧勝した東京都議選では、本県関係国会議員も街頭演説に立つなど精力的に応援に入った。投開票から一夜明けた3日、議員たちは「今後、国政では自民への批判票の受け皿ができるかがポイント」「(自民惨敗の結果を)厳粛に受け止めたい」などと語った。

 都議選告示日の前日、自身が代表を務めた旧みんなの党出身で都民ファから立候補した都議3人を応援するとして、日本維新の会から除名された無所属の渡辺喜美(わたなべよしみ)参院議員。都民ファの大勝には「東京大改革を進めていこうという小池百合子(こいけゆりこ)都知事の姿勢に共感した人たちが大勢いた」とした一方、惨敗した自民党には「都政も国政も、数のおごりがたたった」などと指摘した。

 都民ファの国政進出も現実味を帯び、メンバーには渡辺氏の名前も挙がる。「自民、民進党内にも流動化が起きる可能性が高く、(国政進出は)それらを見ながらの動きになるのではないか」と述べるにとどめた。

 一方、自民党県連会長の茂木敏充(もてぎとしみつ)党政調会長は「大変厳しい結果であり、厳粛に受け止めたい」とコメント。都議選は加計学園問題、「共謀罪」法の採決強行、閣僚の失言などが直撃した形となったが、「今後はさまざまな課題について、より丁寧な説明を心掛けたい」とした。

 その上で「政権を預かっているという緊張感、責任感を改めて胸に刻み、結果を出すことで国民の期待に応えていきたい」との姿勢を示した。