暑さ音で吹き飛ばす 宇都宮で「七夕ジャズ」、多彩なバンド登場

 【宇都宮】軽快なリズムと音色で暑さを吹き飛ばそうと、NPO法人「スウィングタウン協会」(吉原郷之典(よしはらごうのすけ)理事長)は2日、江野町のオリオンスクエアで「七夕ジャズ」を開催、買い物客や音楽ファンが多彩な演奏を楽しんだ。

 演奏会は、同協会が「街なかで大人から子どもまで楽しめる曲を演奏し、ジャズの裾野を広げよう」と2015年から七夕の時季に合わせて開催している。

 正午から始まった演奏会には、さまざまなイベントで活躍する宇都宮市民ジャズオーケストラなど県内外の8団体が出演した。