臓器移植のシンボルカラー「グリーン」でライトアップされた宇都宮タワー=1日午後6時15分、宇都宮市塙田5丁目

 臓器移植について考えるきっかけにしてもらおうと、県臓器移植推進協会は1日、宇都宮市塙田5丁目の宇都宮タワーを臓器移植のシンボルカラー「グリーン」にライトアップした。10月は臓器移植普及推進月間。ライトアップは31日まで午後5時~午後9時に実施する。

 移植医療への理解を深め、臓器提供の意思表示を普及啓発することが目的。同協会によると、グリーンは「成長と新しい命」を意味するといい、ライトアップすることで移植医療を待つ患者に希望の光を届ける。

 同協会は「臓器提供の意思表示がないと判断が難しくなる。ライトアップを機に、はっきりとした意思表示をしてもらえるとありがたい」と呼び掛けている。