初回、作新の大山が先制の中前適時打を放つ=キョクトウベリースタジアム

優勝した作新

準優勝の連合

初回、作新の大山が先制の中前適時打を放つ=キョクトウベリースタジアム 優勝した作新 準優勝の連合

 第59回秋季関東高校軟式野球大会県予選兼県新人大会最終日は1日、キョクトウベリースタジアム(鹿沼運動公園野球場)で決勝を行い、作新が4-0で連合(文星付・佐日中等)を下し、6年連続43度目の優勝を果たした。

 作新は初回、敵失や四球に大山知孝(おおやまともたか)の中前適時打など3安打を絡めて一挙4点を奪取。追加点は奪えなかったが、主戦福田陽也(ふくだはるや)が6安打を浴びながらも要所を締めて完封した。