グループワークを行う足利大の学生と市議

 【足利】足利大工学部の学生と市議がまちづくりについて話し合う討論会が1日、大前町の同大大前キャンパスで初めて開かれた。学生35人と市議21人が参加し、「景観」と「観光」の2分野で意見を交わした。

 都市計画を学ぶ学生との意見交換を通じて新しい発想と考え方に触れ、今後の議会活動に生かそうと市議会が企画した。