高齢者に手信号を教える児童たち

 【宇都宮】8月の交通安全子供自転車全国大会で10位入賞した雀宮南小自転車部の児童10人が1日、県交通安全高齢者自転車大会に出場する宇都宮南署管内の高齢男性3人に同校体育館で自転車の乗り方を指導した。

 児童はお年寄りのそばで「前よし」「後ろよし」と大きな声を出し、安全確認や発進の方法、右折時の手信号などを丁寧に教えた。高齢者は最初は停止線を越えそうになったり手信号を間違えたりしたものの、孫のような児童の優しい助言にリラックスし一つ一つ着実に競技のポイントを覚えた。