那須町がジュニアゴルフ大会初開催 8月21日、裾野拡大と観光誘客へ 小学生から高校生まで対象

 【那須】町内に8つのゴルフ場がある環境を生かし、ジュニアゴルファーの裾野拡大と観光誘客につなげようと町は28日、小学生から高校生までを対象とした「那須高原ジュニアゴルフ大会ロイヤルカップ」(町大会実行委員会主催)を初めて開催すると発表した。会場は伊王野の「那須伊王野カントリークラブ」で、開催日は8月21日。大会を通じてスポーツ振興を図るほか、町の魅力も広く発信したい考えだ。

 町生涯学習課によると、町内では少子化により小中学校の統合が進み、かつてより団体スポーツでの活動が難しい面があるという。一方、町内には県内で3番目に多い8つのゴルフ場があることなどから、個人スポーツとしてゴルフに力を入れている。

 大会は小学生低学年の部(9ホール、2千ヤード)から、高校生男子(18ホール、6800ヤード)までの6部門で実施。初歩的な技術、知識、マナーを習得し、18ホールで平均ストローク130以下程度であれば町内外問わず誰でも出場できる。

 定員は各部門先着120人。参加費7千円(プレー代、昼食代込み。小学生低学年の部は4千円)。7月31日申し込み締め切り。(問)那須町ジュニアゴルフ大会実行委員会事務局(那須町スポーツセンター)0287・72・5959。