近隣の資材置き場から飛んできた屋根などにより破損などの被害を受けた民家=1日午前8時12分、栃木市都賀町升塚

台風の影響で倒れたスギ=1日、午後1時ごろ、日光市森友の日光街道(旧道)

近隣の資材置き場から飛んできた屋根などにより破損などの被害を受けた民家=1日午前8時12分、栃木市都賀町升塚 台風の影響で倒れたスギ=1日、午後1時ごろ、日光市森友の日光街道(旧道)

 県のまとめによると、台風24号の影響で、けが人や住宅などの被害、道路の通行止めや鉄道の運転見合わせなどが発生した。

 けが人は、小山市で10代男性が倒木を避けようとしてバイクで転倒し軽傷。住宅や工場の屋根が一部破損するといった建物などの被害が、宇都宮市15件、小山市5件、さくら市1件、益子町1件、栃木市3件、鹿沼市4件、佐野市2件、下野市1件、壬生町1件、芳賀町1件、真岡市2件で36件発生した。杉並木の倒木は10本だった。

 1日午前9時現在で、日光有料道路の藤原料金所~塩原料金所で一部通行止め、日光市の国道119号瀬川~森友交差点で片側通行止め、下森友交差点~水無交差点が全面通行止め、那珂川町の国道293号で伴睦峠が全面通行止め、日光市の国道121号で大谷向駅交差点~倉ヶ崎新田交差点が全面通行止めとなっている。県道は日光市の瀬尾大笹~小百小休戸と土呂部~湯西川で全面通行止め、鹿沼市板荷と上南摩、上粕尾~日光市足尾で全面通行止め。そのほか市町道で野木町2カ所、那須塩原市3カ所、小山市3カ所、市貝町3カ所、那須烏山市2カ所、宇都宮市1カ所、壬生町1カ所で通行止めとなっている。

 鉄道は、日光市今市付近での倒木の影響で、東武日光線の新鹿沼-東武日光駅間と鬼怒川線の下今市-鬼怒川温泉駅間で運転を見合わせたが、午前11時半に運転を再開した。JRは宇都宮、日光、烏山の各線が運転を見合わせた。宇都宮線は午前8時5分ごろ運転を再開、上下16本を運休し、15本に遅れ約5万人に影響した。日光線は午前6時52分ごろ運転を再開し、上下2本運休、3本に遅れ、約900人に影響。烏山線は午前6時10分ごろ運転再開、上下2本運休し、約30人に影響した。東北本線と両毛線は遅れが発生している。真岡鉄道と野岩鉄道で一部遅れがあり、わたらせ渓谷鉄道は一部運転を見合わせている。

 また、県内の15市町208校の市町立小中学校で登校の繰り下げをし、県立高3校と特別支援学校1校で休校、中学2校と高校31校、特別支援学校1校で登校繰り下げ、私立の高校、中等教育学校の各1校が休校、中学2校と高等学校4校で登校繰り下げを行った。

 東京電力パワーグリッドによると1日午後2時10分現在、県内各地で停電があり、大田原市で約1400軒など合計約3400軒で発生している。