5工房、自慢の味比べ 那須塩原で「チーズを楽しむ会」

 【那須塩原】那須地域の五つの工房が作るチーズを紹介するイベント「那須のチーズを楽しむ会」が22日夜、高砂町のChus(チャウス)で開かれた。約80人が参加し、各工房の自慢のチーズを堪能した。

 地元の生産者らでつくる那須ナチュラルチーズ研究会(落合一彦(おちあいかずひこ)会長)が主催。同会はこれまで市の補助金を受け親子向けのイベントなどを通じてチーズの普及に取り組んできた。今回はより多くの人にチーズの魅力を知ってもらおうと、大人向けのイベントを初めて企画した。

 この日は市内のイタリア料理店VINCI(ヴィンチ)のオーナーシェフ石本弘之(いしもとひろゆき)さん(43)が料理を考案。地元の食材と各工房のチーズを組み合わせたイタリア料理のフルコースが提供されたほか、各工房の計7個のチーズを盛り付けたプレートがテーブルに並んだ。