ブレックス、開幕はホームで三河戦 Bリーグ 9月29日から2連戦

 プロバスケットボールBリーグの2017−18シーズン開幕カードが26日決まった。初代王者として臨む栃木ブレックスは9月29、30の両日、ブレックスアリーナ宇都宮(宇都宮市体育館)で中地区の三河と対戦する。記者会見に臨んだ開幕注目カード6チームの選手たちは王座をつかみ取るべく、約3カ月後に迫る2年目のシーズンに向けて火花を散らした。

 開幕節は全試合が他地区同士の対戦となる。ブレックスと三河は昨季、チャンピオンシップ(CS)準決勝で3戦にわたる大接戦を展開した。大河正明(おおかわまさあき)チェアマンは開幕節の組み合わせについて「初代王者の栃木がどこと戦うのがふさわしいかという思いを込めた」と説明した。

 昨季の開幕戦はホームで秋田に敗戦したブレックス。遠藤祐亮(えんどうゆうすけ)は「開幕戦でファンをがっかりさせてしまった。今回は三河が相手で不足はないし、勝って勢いをつけたい」と勝利を誓った。

 会見では各選手が意気込みや相手の印象などを語った。遠藤は三河のエース比江島慎(ひえじままこと)に「比江島選手は得点源なので0点に抑えたい」。比江島も「今年は遠藤選手にベストディフェンダー賞を取らせないように、点をたくさん取る」と刺激し合った。

 東地区は秋田と仙台の2部降格に伴い、中地区から川崎とSR渋谷が新たに所属。6チーム中5チームが昨季のCSに進出している“超激戦区”となる。チーム体制もまだ固まっていないが、遠藤は「どんなチームになってもチーム力で戦う。東地区もさらに厳しくなるが、しっかり地区優勝を飾りたい」と述べた。