後半1分、栃木SCのFW浜下(右)がゴールを狙う=県グリーンスタジアム

 明治安田J2第35節は30日、各地で5試合を行い、栃木SCは県グリーンスタジアムで東京Vと対戦、0-1で競り負けた。通算成績は12勝8分け15敗、勝ち点44。順位は15位に後退した。

 栃木SCはFW大黒将志(おおぐろまさし)が2試合ぶりに先発復帰。序盤から押し気味に試合を進めたが、決定力不足に泣いた。

 前半13分にFW浜下瑛(はましたあきら)、15分はFW西谷和希(にしやかずき)がシュートを放ったが、相手GKの好セーブなどに阻まれた。42分はMF川田拳登(かわたけんと)のクロスにDFパウロンが頭で合わせたが枠を捉えられず、0-0のスコアレスで折り返した。

 後半も栃木SCの攻勢が続き、5分に大黒が至近距離からシュート。35分はMF多田凌輔(ただりょうすけ)のクロスに大黒がダイレクトで合わせたが、シュートは惜しくもクロスバーを直撃。逆に42分、右CKから途中出場の相手FWにヘディングシュートを決められた。その後も攻勢を強めたが、最後まで1点が遠かった。

 次節は7日午後2時から、県グリーンスタジアムで横浜Cと対戦する。