B1栃木ブレックスのガード/フォワード須田侑太郎(すだゆうたろう)(25)が今季限りでブレックスを退団することが、24日分かった。すでに他クラブと来季契約が合意しており、移籍する見通し。

 須田は北海道出身。187センチ、87キロ。東海大から2014年にベンチ入りが約束されないインアクティブ選手として入団したが、高いディフェンス能力とシュート力を買われて次第にプレータイムを伸ばした。

 特に在籍4シーズン目の今季はその能力が開花。レギュラーシーズン全60試合に出場し、13試合に先発。5月3日アウェーA東京戦ではベンチメンバー最多の24分間出場、14得点を挙げ、東地区優勝の立役者になった。

 チャンピオンシップでも得点力のある選手をマークして守備で貢献したほか、千葉との準々決勝第2戦の第3クオーターは、立ち上がりにバスケットカウントで勢いをもたらし、連続3点シュートを決めるなど22点差大逆転劇の原動力になった。