小野寺玲が3位、U23で石原2位 全日本自転車TT

 自転車ロードレースの全日本選手権は23日、青森県の階上岳登山口周辺周回コース(1周13キロ)で個人タイムトライアルを行い、男子エリート(39キロ)で小野寺玲(おのでられい)(宇都宮ブリッツェン)が3位で表彰台に上がった。

 小野寺は23歳以下のカテゴリーながら、最高峰のエリートに出場。アジア選手権23歳以下タイムトライアル王者の実力を発揮し、国内トップ級の選手の中で3位に食い込んだ。ほかのブリッツェン勢は岡篤志(おかあつし)が4位、鈴木譲(すずきゆずる)が8位だった。

 男子23歳以下では、石原悠希(いしはらゆうき)(真工高−順大)がトップと0秒40差の2位と健闘。同ジュニアの小野寺慶(おのでらけい)(ブラウブリッツェン)は6位だった。

 24日は同コースで男子23歳以下の個人ロードレースなどを行う。