新技術による害虫駆除作業中の鐘楼=19日、日光市中宮祠

 日光市の世界遺産二社一寺の修理を担う日光社寺文化財保存会と、東京文化財研究所、京都大による研究グループは、文化財の木材を食い荒らす虫を駆除する国内初の新技術を確立した。従来の有毒ガスによる駆除では環境などに悪影響があるため、ヒーターで建物全体を熱して殺虫するのが特長。多くの専門家が注目しており、今後この技術を扱える業者を育成して全国に広める考えだ。