地域の歴史に思いをはせ、ゴールを目指す生徒たち

地域の歴史に思いをはせながら、31キロの道のりを歩ききった生徒たち

地域の歴史に思いをはせ、ゴールを目指す生徒たち 地域の歴史に思いをはせながら、31キロの道のりを歩ききった生徒たち

 【佐野】日光例幣使街道を徒歩でたどる西中の恒例行事「日光例幣使街道物語」が29日行われ、生徒や教諭ら約400人が約31キロを歩いた。

 同街道は、江戸時代に勅使が日光東照宮に向かう際に通ったとされる道。街道に面する同校では、地域の歴史に思いをはせる機会として、毎年実施している。