新入社員の8割、男性の育休取得希望 民間調査 実態とのかい離課題

 あしぎん総合研究所は21日までに、県内を中心に実施した2017年度の新入社員の意識調査結果をまとめた。男性の育児休業取得を希望する人の割合は男性が80・0%、女性は76・2%に上り、ワーク・ライフ・バランスを重視する様子がうかがえた。

 ただ県の調査によると実際に育休を取得した県内事業所の男性は2・5%(15年実績)にとどまっており、同総研担当者は「実際に取得できるような制度が必要。男女共に働きやすい職場をつくらないと、人手不足の解消につながらない」と指摘する。

 調査は10年度に始め、今回初めて男性の育休取得について尋ねた。「ぜひ取りたい」が男性27・7%、「ぜひ取ってもらいたい」が女性25・9%、「できれば取りたい」は男性52・3%、「できれば取ってほしい」は女性50・3%で、いずれも男性の方が割合は高かった。

 調査は3~4月、同総研が県内と群馬、埼玉両県で実施した新入社員セミナーの受講生を対象に実施。計692人が回答した。