JR東日本の蒸気機関車(SL)「ばんえつ物語」と東武鉄道の同「大樹(たいじゅ)」が初めて同じホームに並ぶ「会津若松駅SLまつり」が7月8日、福島県会津若松市の同駅で開かれる。

 東武鉄道はSL復活の目的の一つに「東北復興支援」を掲げている。大樹が福島県に乗り入れるのも、JR東日本の駅でお披露目されるのも初めて。会社の垣根を越えて2台が並ぶ貴重なシーンをホーム上で見学、撮影できる。

 大樹が東武鬼怒川線で運転を始める8月10日を前に、日光・鬼怒川と会津の両エリアの広域連携を促進し、誘客を図ることが狙い。同駅前広場では会津の地元グルメが販売されるほか、両エリアの物販コーナーも設置される。