那須みやびの里の開業記念テープカット=28日午後、那須町高久丙

 日本ハウスホールディングス(HD、東京都千代田区)は28日、那須町高久丙に完成した「那須みやびの里」の「ホテル四季の館 那須」と「ホテル森の風 那須」の開業記念式典を行い、関係者にお披露目した。両ホテルは10月11日に同時オープンし、趣の異なるリゾート空間を提供する。

Web写真館に別カットの写真

 約5万平方メートルの敷地に、両ホテルが立地。武家屋敷風のたたずまいで本格フランス料理を味わえる四季の館は、木造で2階建て母屋と平屋の高級タイプ30室からなる。木のぬくもりでまとめた客室は和の空間を演出し、温泉内風呂を設けた。

 那須連山を望める展望大浴場と地元食材の創作料理を堪能できる森の風は、7階建て90室。大正ロマン漂う館内と和モダンの客室でくつろげるようにした。