LDMATの研修を終えた5人の隊員

 【佐野】県版災害派遣医療チーム(LDMAT)指定病院を目指す堀米町の佐野厚生総合病院(村上円人(むらかみまろひと)院長)の医師や看護師ら5人がこのほど、隊員講習を終え、LDMATとしての活動をスタートさせる。近く県から指定を受ける予定で、30日には田沼グリーンスポーツセンターで行われる市総合防災訓練に参加する。

 LDMATは県内を活動範囲とし、災害の発生直後(約48時間以内)に救出・救命部門と合同して機動的に活動する。県内で同指定を受けているのは那須南病院のみ。全国で活動できるDMATには獨協医科大、自治医大付属など11病院が指定されている。