ブレックス、開幕戦優勝 3人制バスケ

 2020年の東京五輪の新種目に採用された3人制バスケットボールの男子プロリーグ「3×3 PREMIER.EXE」が17日開幕、東京都立川市の大型商業施設で行われた東地区の第1戦はブレックスが優勝を飾って好スタートを切った。

 横15メートル、縦11メートルの半面コートを使用し、国際ルールで争われる。9日に五輪での実施が決まった直後とあり、会場には昨年の2倍以上の2万1千人の観衆を集めた。

 Bリーグクラブで唯一3人制チームを持つブレックスは、予選リーグで立川ダイス(東京)に22−16のノックアウト(21点以上)勝利。続くシールズ(千葉)戦も19−14で退け、決勝トーナメント進出を決めた。

 準決勝はアルボラーダ(茨城)を21−17、決勝はダイム(東京)を21−11とノックアウトし頂点に立った。MVPにはブレックスのレイモンド・ニクソンが選ばれた。ブレックスの真庭城聖(まにわじょうせい)は「オリンピック選手になるというのは大きいこと。目指したい」と笑顔で話した。

 リーグ戦は9月まで全国各地で開催。7月8、9日の第4戦は宇都宮市のオリオンスクエアで行われる。