29日から公開されるホンダのレース用エンジン

今日から公開されるホンダのレース用エンジン

29日から公開されるホンダのレース用エンジン

29日から公開されるホンダのレース用エンジン 今日から公開されるホンダのレース用エンジン 29日から公開されるホンダのレース用エンジン

 【さくら】ホンダF1とスーパーフォーミュラのパワーユニットを展示する「頂点に向かう系譜」が29日、JR氏家駅前の市さくらテラスで始まる。10月21日まで。

 今回の展示は、27日まで開かれていた「挑戦し続けるDNAの形」の後期展で、一部展示を入れ替えた。新たに展示されたのは、国内最高峰のレース「スーパーフォーミュラ」と「スーパーGT」で使われている2リットル直列4気筒直噴ターボエンジン。

 展示されるのは国内2カ所目。このエンジンは今シーズンの両レースで既に5回優勝している。前期展で公開されていた3基のF1パワーユニットのうち、2017年製と入れ替えた。

 前期展(11~27日)は、さくらテラス開館以来最多の約3400人が来館した。沖縄県や北海道など県外からも多くのF1ファンが訪れたという。下河戸にホンダの4輪モータースポーツの技術開発を担う「HRD Sakura」が立地している。