【宇都宮】市は7月2日、道場宿町の道場宿緑地付近の鬼怒川河川敷で、スポーツ感覚でごみ拾いするイベント「スポーツGO(ご)MI(み)拾い大会in鬼怒川」を開く。市は「楽しみながら環境美化につながる。ぜひ参加してほしい」と呼び掛けている。

 「スポーツGOMI拾い」は、制限時間内に決められたエリアで拾ったごみの種類や量に応じたポイントで競う催しで、全国的にも広がっているという。市の大会は5回目で、これまで鬼怒グリーンパーク白沢や氏家大橋右岸などで開催し、いずれも100キロ前後のごみを集めることができたという。

 当日は午前9時半から受け付けを始め、同11時までの予定。柳田大橋左岸の道場宿緑地付近の河川敷に集合する。上位チームには賞品があり、参加賞もある。23日まで参加者を募集するが、先着100人の定員がある。対象は市内在住か市内への通勤、通学者で、1チーム3~5人。小学生以下は保護者同伴になる。