【大田原】定例市議会一般質問初日の14日、5氏が質問した。市執行部は(1)2018年度から「消防団サポート事業」を開始する(2)市出身のオリンピック選手清水咲子(しみずさきこ)さんの名をプールのサブネームに付けた−などと答弁した。質問者は前野良三(まえのりょうぞう)(政友会第二)大豆生田春美(おおまめうだはるみ)(政友公明会)滝田一郎(たきたいちろう)(一誠会)菊池久光(きくちひさみつ)(政友会第一)深沢賢市(ふかさわけんいち)(無会派)の各氏。

 ■プール名に清水選手

 昨年のリオデジャネイロオリンピックの競泳女子400メートル個人メドレーで8位入賞した市出身の清水選手が市スポーツ功労大賞を受賞した記念として、市は市黒羽中屋内温水プールのサブネームに「清水咲子記念プール」と付けて3月、入り口のひさしに表示した。

 益子正幸(ましこまさゆき)教育部長は「本人に来て泳いでもらいパネル写真を飾りたい。後援会を通じて調整している。市を挙げて功績をたたえたい」と述べた。深沢氏が質問した。