スプレーマム収穫進む 生産量栃木県内最多の塩谷【動画】

スプレーマム収穫進む 生産量栃木県内最多の塩谷【動画】

 【塩谷】スプレーマムの生産量が県内最多の町内で、収穫が進んでいる。農家では年間を通して生産、出荷されており、これから夏に向けて本格化していく。

 スプレーマムは菊科で、スプレーギクとも呼ばれる。小ぶりでかれんな花が人気を集め、婚礼やアレンジメント、仏壇など幅広く利用されている。

 JAしおのや塩谷花卉(かき)部会スプレーマム研究会長の斎藤利治(さいとうとしはる)さん(46)方=大久保=では12日、午前7時すぎからハウス内で収穫作業を開始。ピンクや黄色など鮮やかに咲きそろった株を専用の鎌で根本から丁寧に切り取っていった。